『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・不動産などエンタメを紹介している雑誌ブログ

マスク不足!再利用する前に見ろ。私の失敗談(T_T)

 

とうとうこの日が来てしまった…
家に置いてあるマスクのストックが、無くなってしまった。ここ最近は、マスクの補充を求め、ドラッグストアやコンビニを探し回ったが、とうとう入手する事は出来なかった。以下私のとった行動なのだが、結末を見て参考にしてくれれば、さいわいだ。

f:id:PointHeart:20200304174522j:plain

私が考えた、いくつか取るべき対処法

1.マスクは諦めて、付けないで生活する。
2.マスクを自作し対応する。
3.マスクを洗って再利用する。
4.マスクをネットで高いが購入する。

思い付くだけで、4つの選択肢が、存在している。まず、4は除外する。転売行為に加担する事は、なんか癪にさわるためだ。人が困っている時に、つけこみ暴利を得る行為は賛同できないからだ。少しの利益は許容できるが、足元を思いっきり見る行為は許したくないし、認めるわけにはいかない。

次に1だが、周りの人間がマスクをしているため、逆に自分は、マスクをつけなくても平気じゃね?なんて逆理論を考えたが、これも却下である。私のマスクの使用意図は、そもそも花粉症対策のためでウィルス対策ではないからだ。

2だか、そもそもマスクの自作はめんどうだし、上手く作れないと、着けていても、恥ずかしいので却下。

実際に行った対策

というわけで、3の選択肢を取ることにした。まず用意するものは、以下の4点だ。

1.使用済みのマスク
2.中性洗剤
3.おけ
4.熱湯

使用済みのマスクを、桶にセットし、中性洗剤を導入。そこに熱湯をぶっかけ、しばらく漬け込む。熱湯が冷めたら、マスクを軽く洗い、タオルで水気を取って乾かす。この水気を取る際には、タオルの間にマスクを挟んで押し込むように取る事が重要になる。雑巾を搾るようにしてしまうと、マスクがクシャクシャになってしまうためだ。そして再度使用する。

熱湯と洗剤による、ダブル滅菌システムだ(笑)効果の程は保証しない。『病は気から』というので、自分が納得してれば、効果があると信じよう。

そして後悔

ここで衝撃的な事が判明する。

乾かしている間に、ニュースを見ると、マスクを洗って再利用する事は、マスクの性能を弱める、と報道していたのだ。

おいっ!

使用済みのマスクにガーゼを取り付けて使用し、ガーゼ自体を洗って再利用していく事を推奨しており、滅菌ガーゼでなくてもいいらしい。

我が虎の子のマスクが…

明日からまじでどうしようか…人混みに入った後は、顔を触らないようにするしかないが。しかし花粉症で目とか鼻水がやばいから、顔にはつい触っちゃうし。これは困った…まぁ、再利用するしかないのだが。

マスクの再利用を検討されてるかたは、もう一度よく調べる事をオススメする。洗うのではなくアルコールで拭くなど、他にも方法があるはずだ。

追記

2020年3月12日:解決作としては、新品のマスクの口側の部分にガーゼを貼り、毎日ガーゼの部分のみ交換。外気側はアルコールで拭いたりすれば良いのではと考えついたが、後の祭りであった。ニュースで似た様な方法が紹介されており、今度はガーゼの店舗在庫が無くなりそうである。