『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・不動産などエンタメを紹介している雑誌ブログ

小説【淡海乃海 水面が揺れる時】第三巻レビューと感想

 

ついに三好との激突!朽木・六角・織田・一色連合vs三好。

そしてとうとう邂逅する朽木基綱と織田信長の両者。

ウェブ版ではめぐりあう事がなかった二人だが…果たして何を語るのか…

淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~参【電子書籍限定書き下ろしSS付き】 (TOブックスラノベ)

題名:淡海乃海 三英傑に嫌われた男、朽木基綱の逆襲 第三巻

著者 : イスラーフィール

絵 : 碧風羽

あらすじ:朽木・織田・六角・一式連合と三好の上洛戦にて、六角・一色の裏切りにより、朽木の軍勢だけで三好と戦う事になる基綱。重蔵の知らせにより、前もって六角・一色の背後に基綱宿敵本願寺の影がいる事はわかっていたが、果たして勝てるかどうか…そして祖父の代から因縁のある六角との決着、織田信長との初会談…歴史の覇者に対して主人公は…

 

というような物語の流れなのだが、何と言っても、主人公朽木基綱と織田信長の会談だろう。ウェブ版では、とうとう出会えずに終わってしまった両者だが、書籍版では同盟の今後についての話し合いが開かれている。私が想像していた信長像とは違うのだが、よく考えれば同盟相手に会うのならば、あのような節度ある態度だろうなと、妙に納得感のある描写だったと思う。よく基綱と信長は作中で比較されるのだが、基綱のとる関所の廃止や、銭で雇う兵士など、現代では当たり前に行われている方法を、転生したアドバンテージで知っているからこそ、その有用性を認識している主人公に対して、当時の価値観の世界で生きている信長が同じ方法をとっている事に対して、信長の化け物具合と異端さが現れている。厳密には信長が同じ方法を、ではなく、主人公が同じ方法を取っているというべきだが。

 

そして主人公の祖父朽木稙綱の喪失。基綱のよき理解者にて、親代わりとも言うべき存在の喪失により、足利家を見限っている自分に対し、表面上は自分に反対していなかったが、本当はどう思っていたのか、とついつい考え込んでしまう主人公。祖父の書き置きからもその考えは読み取れず。しかしそれでも周りの国は動いている。領主としての仕事をこなす基綱に悲しんでいる時間は与えられない。戦国時代の厳しさだろう。

 

作者による加筆にて、祖父稙綱の心情や基綱の母との会話が描かれている。因縁に思っていた六角が滅んだ事は嬉しいとは思うだろうが、足利に対しての事はどうか。朽木稙綱の半生が、足利への奉仕で歩んできた事を考えると、本当は心の奥底でどう思っていたのか、加筆部分を読んでも、主人公同様ついつい考えてしまう。

 

第三巻は、上記で述べだ通りの、祖父の心情を描いた、『老雄祖父稙綱』。側室に入った雪乃の前話に当たる『側室』。電子版限定で、基綱と幕府の北畠家の処遇を巡る問答『忠義』が書き下ろしで追加されている。本編にも、多数の加筆がされており、見所のある小説として出来上がっている。