『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・不動産などエンタメを紹介している雑誌ブログ

映画【Mr.インクレディブル】レビューと鑑賞した評価

 

Disney傘下のPIXARが送る、ヒーロー達の悩みや日常生活をうまく取り入れた異色の物語。

家事に育児に世界の危機?がキャッチなアニメーション。

Mr.インクレディブル (吹替版)

題名:Mr.インクレディブル

公開:2004年

時間:114分

あらすじ:かつては世界を守るヒーロー達だが、現在ではヒーローは必要とされていない。そんな世界で何とか家族を養おうと保険会社に勤めるMr.インクレディブルことロバート(ボブ)。自慢のヒーローパワーを押さえ込む生活にストレスを溜め込んでいたが、ある日に爆発し上司にぶつけてしまう。それが原因で解雇されたロバート(ボブ)のもとに謎の女性が接触してくる。それが家族の絆を深めるきっかけとなる。

 

鑑賞後評価

  物語:★★★★★

  CG  :★★

  演出:★★★☆☆

  印象:★★★★

  総合:★★★★

 

2004年度の第31回サターン賞アニメ映画賞など、さまざまな部門を受賞した。2018年にはピクサー作品では珍しく続編が公開された。

キャラクター紹介

Mr.インクレディブル:本名ロバート・パー

ヒーロー衰退の原因を作った人物。ヒーロー特性は、スーパーパワー。

イラスティガール:本名ヘレン・パー

ロバートの奥さん。かつては自信もヒーローとして活躍した。ヒーロー特性は、ゴムゴムの実の能力者。

ヴァイオレット・パー

ロバートとヘレンの子供で長女。自分に自信がなく、顔を髪で隠している。ヒーロー特性は、自分の透明化とバリア。

ダッシュ

ロバートとヘレンの子供で長男でヴァイオレットの弟。ヒーローパワーを押さえ込んだ生活を強いられ鬱屈している。ヒーロー特性は、その名の通り高速で走れる事。

ジャック

パー家に生まれたばかりの赤ちゃん。生まれたばかりのためヒーロー特性については不明だが…。

作品紹介

家族の全員がヒーローパワーを使う事ができるのだが、日常生活の上で他者への迷惑からパワーを押さえ込んで生活をしている。一般で見るヒーローの生活とは違う、現代社会に根ざしたヒーローの生活や、悩みが物語のメインテーマとして作られている。

 

周りの人とは違う自分のヒーローパワーがコンプレックスになり、引っ込み思案になった姉が、様々な出来事を家族で乗り越える事により、自分に自信を持っていく。普段は姉ちゃんイヤイヤ期だけど、いざという危機には自分の身を挺して助ける弟など、キャラクターの成長や家族愛が、自然と物語の事件や出来事にマッチしている。

 

キャラクター達の感情表現も細かく、表情の変化も丁寧に作られており、感情移入しすい。キャラ設定もぶれる事なく一貫しているため、キャラ達の成長がすんなり受け入れられ、気持ちよく見ていられる。

観賞後評価

ピクサーの作品にはずれ無し。そんな評価を制作会社に与える代表作品の一つだろう。CGのデザインもコミカルで、アニメのパワーパフガールズを彷彿とさせる。人とは違ったパワーを持つがゆえの悩みと、王道をゆく世界を救うヒーロー章がうまく融合されていて、見ていて面白かった。私は4回程見直すぐらい好きな作品である。