『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・不動産などエンタメを紹介している雑誌ブログ

【機能解説】おすすめの多機能防災ラジオ「SONY ICF-B99」

 

 

f:id:PointHeart:20200422184116j:plain

防災ラジオの購入に迷っているならSONY製「ICF-B99」の一択!手回し&ソーラー充電など7つの機能を搭載している防災ラジオ「ICF-B99」をまるっと解説。

地震・台風といざというときのために、家に一台は置いておきたい防災ラジオ。いざという時に必要だからこそ信頼できるラジオがほしい。その期待に答えてくれる防災ラジオを機能毎に解説する。

ポータブルラジオICF-B99

搭載機能とその使用感

・手回し・太陽光充電機能付き
1分間の手回しでFMラジオを50分の視聴が可能。ハンドル部分が長く立体的なデザインをしていて楽に回す事ができる。
太陽光充電に関しては、他のメーカーの防災ラジオ同様に、あまりメインで使用するレベルの発電量は得られない。あくまで、いざという時の安心材料としての機能程度。
場合によっては、太陽光充電機能を搭載していない「ICF-B09」を検討しても良レベル。
 
・単3型電池に対応
比較的入手しやすい単3乾電池に対応している。そのため、他の電子機器と乾電池を共有する事ができる。防災ラジオでは単4乾電池の規格が多い中で、この長所はかなりのメリットを発揮する。
 
・ワイドAM/FMラジオ
ワイドFMい対応済み。大型のスピーカーを搭載しているため、比較的音質もクリアで耳が疲れにくい。
 
・USB機器に対応
PCで使用するUSBケーブルをそのまま使用できるため、スマホのみならずUSBに対応している機器への充電が可能になっている。
さらに、USBを通して本機にも充電が可能のため、年カ月かに一度フル充電にしておけば、いざという時にほぼフル充電で本機の使用が可能。
 
・イヤホンジャック搭載
当然の機能の一つとして搭載済み。避難所で周囲を気にする必要なく情報を得る事ができる。
 
・防滴対応済み
防水仕様ではないため、水に浸かるのは御法度だが、台所での使用で掛かる水滴程度では問題なく耐えられる。

ポータブルラジオICF-B09 

ICF-B99の太陽光充電非搭載型

太陽光充電機能が無く、代わりに周囲をぼんやり照らすソフトライト機能を搭載している。

他の機能はICF-B99と同一のもの。 

ポータブルラジオICF-B03

SONY 手回し充電FM/AMポータブルラジオ B03 ホワイト ICF-B03/W

SONY 手回し充電FM/AMポータブルラジオ B03 ホワイト ICF-B03/W

  • 発売日: 2012/02/03
  • メディア: エレクトロニクス
 

ICF-B09の旧型タイプ

電池が単4仕様。USBケーブル非対応で専用のケーブル付属。

ワイドFM非対応となっている。新品での販売はないためプレミアがついて値段が高い。そのため購入する価値はあまりないが、中古で比較的安価で入手する事ができるため、ICFシリーズの使用感をためすのであれば、購入してもいいかもしれない。

 

所感

太陽光充電機能のついている他メーカー含めた防災ラジオ全般に言える事だが、ソーラーパネルの設置できる場所や大きさが、そもそも限られるので発電量自体はけっして高くない。いっその事、太陽光充電を省いて、他の機能が追加されている機種を、選んでも間違いはない。

 

安い値段で、このラジオの旧式も売ってはいるが、乾電池が単4電池の使用・USB非対応で独自ケーブルの使用と、使い勝手の悪いものになっている。そちらを購入するのなら、他メーカーの安いものを買ったほうがいい。私は単4電池タイプのラジオも持っているが、スマホの乾電池式の携帯充電機と、電池サイズを共用できないので、そもそも4電池の防災ラジオを買う事は、あまりオススメできない

 

私は2年間ICF-B99を普段使用しているが、今の所故障もなく、有名なSONYタイマーも発動していないので、価格は他の防災ラジオよりも、約9000円と値段の高い物になっている。しかし防災用で買うのだからこそ、不確かな安物のメーカー製ではなく、この機種を買う事をおすすめしたい。