ホラーもっとマガジン(旧わたブログ)

ホラー映画や書籍にホラーゲーム、怖い都市伝説などホラーなエンタメを最も中心に紹介している雑誌ブログサイト

映画【バイオハザードIV アフターライフ】レビュー感想・鑑賞評価

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

#ネタバレなし #感想 #作品紹介

バイオハザードⅣ アフターライフ  (吹替版)

鑑賞後評価:★★★☆☆(3.0)

題名 バイオハザード4アフターライフ(原題:Resident Evil:Afterlife)
公開 2010年
監督 ポール・W・S・アンダーソン
時間 97分
出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ウェントワース・ミラー
あらすじ

日本の首都「東京」。様々な人が行き交う交差点に、1人の少女が佇んでいた。虚ろな表情の少女は、不意にあるサラリーマンに噛み付く。そして日本は終わりの時を迎えた。

それから数年後、東京の地下に要塞を築いたアンブレラ社は「アリス」達に襲撃されてしまう。アンブレラ最高幹部「アルバート・ウェスカー」の素早い判断で東京支部を爆破、それに巻き込まれ「アリス・クローン」は全滅した。

ただ1人オリジナルアリスはウェスカーのもとに辿り着くも血清を投与され前作で発揮した特殊能力を失ってしまった。

事故によりウェスカーを撮り逃した半年後、クレア達を探しにアリスは安息の地「アルカディア」を訪れる。

しかし、そこは安息の地でも何でも無いただの廃墟だった。突如謎の襲撃者に襲われるアリスだったが、それは記憶を失ったクレアだったのだ。飛行機に乗り生存者を探していたアリスとクレアは刑務所の屋上に居た生存者達を発見、緊急着陸しその者たちと合流する。そこで得た情報は「真の安息の船アルカディア」と唯一の脱出路を知る「クリス」の存在だった……。

 

東京で「T-ウイルス」の猛威が始まる…それは海を渡り世界へ蔓延した証。

前作でアンブレラ社の幹部ウェスカーに宣戦布告したアリス達は、東京の「渋谷」地下にある研究施設に訪れていた。

 

 

映画「バイオハザードlVアフターライフ」作品紹介

特徴1:一度リセットし原点へと立ち戻る

f:id:PointHeart:20200523010026j:plain

前作で不評であった「オリジナル・アリス」の「サイコキネシス」の喪失、大量の「アリス・クローン」の存在と前作の不良債権の処理を行い純粋なアクションを楽しめる作品に回帰。

物語自体も複雑ではないため、単純にアクションを楽しみたい人、かっこいい「ミラ・ジョヴォビッチ」を見たい人におすすめの映画として帰ってきた。

特徴2:主なゲームのオマージュ

【クレア・レッドフィールド】

ゲーム版「バイオハザード2」の主人公で前作に引き続き登場。今作登場時は「ある物」が原因で記憶を失っている。

【クリス・レッドフィールド】

ゲーム版「バイオハザード」のもう1人の主人公。ゲーム上は「ジル・バレンタイン」と同僚。映画ではその設定は存在せず、単純にクレアの兄として登場する。

【アルバート・ウェスカー】

ゲーム版「バイオハザード」の敵役として登場。アンブレラ社の幹部として、前作に引き続き登場。

【OO・OOOOOO】

ゲーム版バイオシリーズからのオマージュ。そして待ちに待った彼女の再登場!お楽しみは映画本編にて。

【マジニ】

f:id:PointHeart:20200523012235j:plain

ゲーム版「バイオハザード4&5」に出て来るクリーチャー。

ゲームでは登場しなくなった「T-ウイルス」の代わりの脅威として登場。人間に寄生し支配する。

映画版では、「T-ウイルス」に長期に渡り感染した結果の変異種という設定になっている。口から覗く花弁状の触手が特徴。

特徴3:本作序盤の舞台はTOKYO

f:id:PointHeart:20200523010028j:plain

今作は日本の「東京」が舞台の場面があるため、日本人としては嬉しい見所。

物語中盤から終盤に掛けてのアリス無双が、最高にかっこいい演出になっている。映画「バイオハザード」は、アリス役「ミラ・ジョヴォビッチ」をかっこよく見せるためのお膳立てに過ぎないと言われてしまう程の、スタイリッシュな場面が満載。

クリスがウェントワースそのままなのが難点か

今まではゲームからの登場人物は、そのゲームの姿に似せる役作りをしていて視聴者を楽しませてくれていたが、今作のクリス・レッドフィールド役「ウェントワース・ミラー」が本人そのままの姿のため、その楽しみはあまり無い。

 

みんなの感想

冒頭、バイオハザードが起こる頃の東京。

色鮮やかな傘をさす人々の俯瞰図がとてもきれい。

いきなり感染した女が男を◯すシーンは中島美嘉!刑務所の中から湾岸に停泊しているアルカディア号に向かいたいが、外は感染者だらけ。

やがては壁を食いながら侵入してくる感染者たち。

やっぱりこうした脱出モノが面白い。

引用元:https://eiga.com/movie/55205/review/01962425/

3以来見てなかったバイオB級以下ばっか見てたのでド派手な序盤に久しぶりにお金のかかった映画を見てる感がありました。

目新しさはないですが安定のバイオ映画だったと思います。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/336357/review/

バイオハザードシリーズは、アクション映画と割り切って観ると意外に手に汗握る。

ミラ・ジョボビッチのアクションは相変わらず見応えあるし、アリ・ラーターもハマり役。

アックスマンを2人でやっつけるシーンは、スローモーション多様でカッコいい。

引用元:https://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=18086

観賞後評価

もうゲームの「バイオハザード」は見る影もない…とは思ったが、ゲーム版のバイオもホラー路線よりアクションシーンに比重を置く形になっているため、そこまで違和感はないかもしれない(バイオハザード4・5・6と比較)。

物語自体の展開もそこまで複雑ではないため、単純にアクションシーンを楽しむ物としては、前作より「テコ入れ」に成功していると思う。製作陣も前作の「アリス」の設定には困った事が、劇中序盤で伺える。観賞後評価は前作より上げて★(3)

Amazonプライムビデオで無料視聴(2023年4月現在)

バイオハザードⅣ アフターライフ  (吹替版)

バイオハザードⅣ アフターライフ (吹替版)

  • 発売日: 2017/12/21
  • メディア: Prime Video
 

ジルバレンタインの襲撃とさらなる戦いへ