『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・不動産などエンタメを紹介している雑誌ブログ

【防災・キャンプ】格安多機能付『LEDランタン』

 

 

f:id:PointHeart:20200412181041j:plain

「ソーラー充電付」「スマホへ充電可能」と、キャンプのみならず防災対策として、是非とも1台は備えておいた方が便利な【多機能LEDランタン】。

防災用兼アウトドア用品として、購入した商品の実際の使用感や、使い勝手の悪い面を紹介。そうそう購入しようとする機会はないと思うが、こんな商品があるんだな程度の知識として、読んでもらえれば幸いだ。

近年は大きな災害もなく、今はウイルス騒動に意識が移りやすい。そんな時だがらこそ、日頃の備えは忘れずにしていきたい。 

商品価格¥1.500円以内(⚠サイトによって、価格に変動が有ります)

スペック

f:id:PointHeart:20200412171407j:plain
f:id:PointHeart:20200412172805j:plain

サイズ:高さ14cm(ランタン収納時)幅8cm

重量:270g

連続点灯時間:約10時間

防水仕様:生活防水IPX-4規格の防水仕様

「IPX-4」とは、あらゆる方向からの水の飛散を対象としている。アウトドア使用において、最低限必要な防水性を有しており、少々の雨や水しぶき程度には耐えられる性能。

機能一覧

ソーラー充電機能付

ランタン上部にソーラーパネルが付いているため、日中に充電が可能。環境等により誤差があるが、10時間で20%程度の充電できる発電性能を持つ。ランタンという仕様上、パネルの大きさには制限があるため、他の機種でも発電性能は似たり寄ったり。

USB充電

USBの入出力端子がついているため、スマホ等への応急充電や本機(ランタン)への充電もUSBケーブルを経由してできる。本機MAX充電で、一般的なスマホを25%程度充電できる。

点灯モード2機能搭載

「懐中電灯モード」「ランタンモード」の2機能の切り替えが可能。前方への照明と、辺り一面を照らすタイプと使い分けをする事ができる。机の上に置いての使用や、引っ掛ける把手が付いているため、ぶら下げての使用と使い方の幅が広い。

使用感

メリット

思った以上の明るさと汎用性の高さが良かった。ランタンモードも本体上部を引き抜く形で点灯するのだが、引き抜く幅によって光量を調整できるため、使い勝手がいい。大きさのわりに軽量のため、持ち運びが便利。

デメリット

懐中電灯モードではその大きさにより、少し手に持ちづらい。把手が付いているが、大人の指3本ぐらいの幅。指4本で持てなくもないが、少しくい込む。スマホへのモバイルバッテリーメインとしての機能はない。あくまでも応急用としての容量になっている。そのため、モバイルバッテリーと併用して使用していく。

 

総評

※2個セット

値段のわりには、機能性の充実とライトの光度と、満足する商品になっている。機能一覧で説明した通り、ソーラーパネルの発電性能は低い。そもそもランタン機能がメインの仕様上、パネルの大きさに制限が出てくるため、他機種でも似たり寄ったりにはなる。

本体の幅も8cmもあるため、床や机に置いて使用する際の安定感は抜群。重量もかなり軽量のため、周囲に引っ掛けての使用も問題なく可能となっている。1泊2日のキャンプや、防災対策用として家の玄関等に備え付けておく分には優秀。