『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・不動産などエンタメを紹介している雑誌ブログ

深夜の訪問者 ホラーゲーム【DELIRIOUS】の遊び方やあらすじ解説

 

 

f:id:PointHeart:20201206173721j:plain

独り暮らしのかた要注意!?独りきりの深夜に「ある人物」が訪れて来る。それが、恐怖の初まりだった…。今回は、ある人物が深夜に訪問してくるホラーゲーム「DELIRIOUS」をダウンロードの方法から、ザクっとした物語のあらすじを御紹介。

 

ダウンロード方法

海外のゲームクリエイター「Bored Leviathan(退屈なリヴァイアサン)」により公開された原則無料のホラーゲーム。ダウンロード者の任意によって寄付も出来る仕様になっているが、寄付せずともダウンロードする事は可能。

ダウンロードサイトは下記リンク先より

https://boredleviathan.itch.io/delirious

容量は約213MB程度。

 

f:id:PointHeart:20201203222336j:plain

リンク先サイトにある「ダウンロード」をクリックする事で、任意に寄付を募る画面が表示されるが、ここで「いいえ、ダウンロードに進んでください」を選択する事で無料でのダウンロード画面へ進める。

物語のあらすじ

独り暮らしの自宅

f:id:PointHeart:20201206174428j:plain
f:id:PointHeart:20201206174432j:plain

何処かから帰宅した主人公は、自宅を訪ねて来た「赤い男」と遭遇するが…

無料で遊べるゲームにしては、グラフィックは高い部類に入る。クリエイターの遊び心で、本作の公開時には販売していなかったPS5がテレビ横に置かれていたりする。

薬を入手しベッドへ急げ

f:id:PointHeart:20201206174745j:plain

赤い男はひたすら主人公を見つめ続けていた。主人公は、いつもの薬を入手しベッドへ向かい眠りにつく。そして目が覚めると、そこはいつも寝ていた部屋では無い場所だった。

見慣れぬ部屋で目が覚めた主人公は、唯一操作できる明かりを消す。すると部屋の奥に光る扉が現れる。そこに近づいていくと、昨日に目にした赤い男がコチラへ向かってくるのだった…

この赤い男に捕まってしまうと、一発でゲームオーバーになってしまう。

ロウソクを辿り

前からは赤い男が…後ろにはロウソクが道しるべの様に並べられている。その道しるべに従い、ロウソクを辿る主人公が執着地点の扉を抜けると、自宅マンションの廊下へと出る。唯一入る事ができるエレベーターに乗る主人公だったが、辿り着いた先はマンションの玄関ではなく、赤い液体に染まった「ある部屋」だった。

意味不明な世界の結末とネタバレ

クリックで表示:【ネタバレあり】物語の結末

f:id:PointHeart:20201206175239j:plain

その部屋の壁にはナイフが立てかけられており、主人公はそれを手に取り部屋を出る。すると、廊下の中央には、あの赤い男が佇んでいた。主人公は手に持つナイフで赤い男を倒すと…

主人公の目には自分に襲いかかる人物に見えた「赤い男」。しかし、ナイフで倒すと同時に赤い男は幻の様に消え去り、後に残ったのは辺りに倒れている人達の姿だった…

解説

タイトルである「DELIRIOUS」も日本語訳で「精神の錯乱」という意味である事と、物語冒頭で出るタスク「薬を入手しベットで眠れ」と窓の向こうに見えている赤い男に対し主人公が無反応な事から、自分を襲って来た赤い男は主人公が見ていた幻覚で、自分こそが「ナイフを片手に人を襲っていた化け物」だった…というオチを思われる。

終わりに

感の鋭い人なら、序盤の不可解なシチュエーションで、物語の中核が主人公の見ていた◯◯(ネタバレ防止)であろう事は容易に想像できる事だろう。

物語性はさておいて、純粋なホラーゲームとしての評価も個人的にはあまり高くなく、正直「微妙」としか言えない。無料のため損な気分はないが、任意での寄付は出来ないと感じてしまう作品だった。