『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・不動産などエンタメを紹介している雑誌ブログ

名作映画を再現したホラーゲーム【CUBE】のダウンロード方法や特徴を解説

 

 

f:id:PointHeart:20210425151619j:plain

サイコロの様な正六面体の空間に閉じ込められた人達へ、R指定の恐怖が襲いかかるホラー映画「CUBE」。数十年前に公開された古い映画だが、ホラー映画好きの人は一度は耳にした事はあるだろう。

人気のシリーズのため様々な派生映画作品が作られたが、1997年に公開(日本は1998年)されたオリジナル作品の世界を完全再現したゲームを今回は紹介していく。

 

ダウンロード方法

コチラのサイトから無料でダウンロードが可能。容量は約50MB程。

※視覚品質にかなりこだわっており、古いPCだとゲームの動作が不安定になる可能性有。動作が不安定な人はYouTubeで実況動画が上がっているため、そちらを見ても映画を再現した雰囲気は楽しめる。

ざっくりした映画の内容

ここでは、ゲームの元となった映画のあらすじをざっくり解説。

キューブ (Cube)

キューブ (Cube)

  • メディア: Prime Video
 

あらすじ:7人程の男女が気がついたらCUBEの部屋に閉じ込められていた。男女達は部屋から脱出しようと隣りへと進むハッチを潜って行く。しかし、隣接する部屋にはトラップが仕掛けられており、様々な罠により仲間達は命を失っていってしまう。

そんな中、主人公は隣りの部屋へと続くハッチに謎の番号が割り振られている事に気がつく。主人公はその数字の謎を解き、CUBEからの脱出を目指して行くのだが…。

ゲームでは、物語の再現は行っていない。あくまでも映画の舞台となった謎の立方体「CUBE」のホラーを再現した作品になっている。

ゲームの特徴

ランダム配置のトラップ

f:id:PointHeart:20210425152626j:plain
f:id:PointHeart:20210425152622j:plain
トラップの一つ。壁から無数のヤリがプレイヤーに襲いかかる。

近未来の様な模様が特徴の正六面体の空間が舞台。この部屋にはハシゴとハッチが取り付けられており、ハッチを潜ると全く同じ正六面体の同じ様な部屋に出る。しかし、同じ様な部屋に見えるが、部屋毎に様々なトラップがランダムで仕掛けられている。

プレイヤーは映画の登場人物さながら、このトラップを見抜きながら出口を目指して行かなくてはならないが…。

映画を完全再現

f:id:PointHeart:20210425152302j:plain
f:id:PointHeart:20210425152306j:plain

1997年に公開された映画「CUBE」を完全再現。部屋の雰囲気からハッチの開く動作、隣室へと続く通路に刻まれた謎の数字、そんな所まで細かく再現されている。映画同様、入る部屋を間違えてしまうと、一発でゲームオーバーになってしまう所も再現されている!?

まだ未完成

無料で公開されており、将来的にはマルチプレイヤーやVR対応を考えている様だが、現在はソロプレイ専用となっている。バグの報告用として無料で遊んでもらっている様で、いずれ完全版が発売または公表されるかもしれない。

 

終わりに

まさか、あのCUBEがゲームで再現されているとは…といった感想。かなり細かく映画の雰囲気を再現しているため、映画を観た事がある人は是非とも遊んでみてほしい。

ゲームと全く関係無いが、映画「CUBE」が2021年に日本版リメイクが菅田将輝主演で公開されるらしい。