『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・都市伝説などホラーなエンタメを中心に紹介している雑誌ブログサイト

武神を圧倒【陰の実力者になりたくて】第7巻のあらすじ紹介と感想

 

漫画版第7巻【見所・あらすじ紹介・感想】

ブシン祭に乱入する陰の実力者シャドウは、武の神と言われる実力を持つエルフの女性「ベアトリクス」と対峙する。

陰の実力者になりたくて! (7) (角川コミックス・エース)

題名:影の実力者になりたくて 第7巻

原作:逢沢大介 漫画:坂野杏梨

あらすじ:ブシン祭佳境、ローズ王女は敵の策略で操り人形となってしまった王である父親の命を自ら奪った。そのまま自らもこの世を去ろうとした瞬間、ジミナセーネン扮するシャドウが姿を現す。

彼はローズを逃し、自らは警備員に扮したディアボロス教団を1人で相手取り、赤子の手をひねるかの様に排除していく。

武の極地、その実力を見ていた武神と言われるエルフの女性「ベアトリクス」は、自ら剣を取り陰の実力者、シャドウガーデントップのシャドウに宣戦を布告する。

 

 

本作「陰の実力者になりたくて」の収録エピソード

武神vs陰の実力者「ブシン祭」終編

武神と呼ばれるシャドウガーデンのアルファによく似た女性「ベアトリクス」と、陰の組織シャドウガーデントップ(自覚なし)のシャドウ(主人公シド)の表の世界の頂上対決がついに開始。

赤き月の伝説「無法都市」編

シャドウの乱入により、グダグダとなったブシン祭は、シャドウ(シド)の姉「クレア・カゲノー」が優勝する事となり、シドは姉を友人がトップを務める「ミツゴシ商会」のレストランで姉の祝勝会を行った。

表面上は嬉しそうにするクレアだったが、彼女は一つの不安を抱えていた。それは自身が悪魔憑き、全身に黒い痣が広がる病に掛かっているのではないかという事。

彼女は幼少期に身体に黒い痣が出現し、それがどんどん全身に広がりいつのまにか消えていた体験の記憶が頭を離れずにいた。

そんな彼女は、出来損ないの弟シドが、もし自分に何かあっても生きていける様に、騎士団への推薦する手柄として無法都市「紅の塔」に住まう最後の吸血鬼「血の女王」の討伐にシドを連れていく事にしたのだが…。

 

第7巻の見どころ

Twitterの反応

陰の実力者になりたくて7巻読み終えた!!
お姉ちゃん回にウッホウホだが、漫画テンポ良すぎでそろそろ原作ストック尽きない?w

「陰の実力者になりたくて」のコミックス7巻読んだー!
続きを早く、シャドウ様のお姿を早く!

陰の実力者シャドウの正体シドの姉がメインの回

今までちょくちょく登場してきたシドの姉「クレア」がメインの回が見所。第7巻では「無法都市編」は完結しないが、次巻である第8巻では、彼女の秘密であり最強シドの姉たる意味が明かされる…。

暴力理不尽系の姉属性が好みなひと必見!!

 

終わりに

Twitterでも書かれた通り、かなり物語のテンポが早い。現在小説版の3巻中盤程度の進行具合、小説版は全部で4巻出ており第5巻の発売日は未定(2022年5月現在)なままだ。

このままのペースでは、漫画版第8巻で「無法都市」編完結、第9巻で「ミツゴシ商会経済戦争編」、第10巻でミツゴシ紹介編が完結し、次章である「ローズ王女の結婚式をぶち壊せ編」が第11巻で完結、そして「日本帰還編」という具合の進行になりそう。

漫画版は月刊誌での連載のため、後2年程度は小説版に追い付かなさそうだが…。いっそ漫画版だけ、オリジナル展開を挟むのも…どうだろうか?

無法都市編の漫画版、もっと細かく結末まで読みたい場合は、小説版第3巻にて!

紅の塔に眠る「血の女王」。彼女は陰の実力者シャドウに鍛えられたシャドウガーデン初期メンバーNo.2「ベータ」とNo.666「ローズ王女」を圧倒する実力を持っており、さすがのシャドウ扮するシドも防戦一方に…。

小説版のあらすじ解説(ネタバレなし)はコチラ