ホラーもっとマガジン(旧わたブログ)

ホラー映画や書籍にホラーゲーム、怖い都市伝説などホラーなエンタメを最も中心に紹介している雑誌ブログサイト

学校が舞台のホラーゲーム【14選】無料〜有料作品まで

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

 

ホラーゲームにおける定番の舞台設定「学校」。そんな学校は怪談話の一つや二つは必ず存在しているといってもいい場所だ。

子供達で賑わう楽しい雰囲気の学校。しかし生徒が居なくなった学校は、日中とのギャップから静けさが目立ち恐怖が顔を出す。

そんな学校を舞台にしたホラーゲームを無料・有料からおすすめ作品14選一挙ご紹介。

 

 

Between Light And Darkness

f:id:PointHeart:20200803083003j:plain
f:id:PointHeart:20200803083005j:plain

ジャンル:一人称3Dホラー

物語性は特になし。単純に廃墟となった学校で主人公に襲いかかる「包丁を持った少年」から逃げながら、学校に隠された謎を解き脱出するステルスホラーゲーム。

グラフィックも良く、アメリカの学校内部の雰囲気が良く表現されている洋ホラゲー。 この手のゲームでよくある深夜の廃校が舞台ではなく、日中の廃校が舞台という点が珍しい。

TENOME

f:id:PointHeart:20200803083813j:plain
f:id:PointHeart:20200803083816j:plain

ジャンル:一人称3Dホラー

ダウンロード(無料)

夜間学校で授業を受けていた主人公は、退屈しのぎに手作りの飛行機を女子生徒に飛ばし遊んでいた。そんな主人公に怒った同級生は殴り掛かる。主人公はそのまま気絶してしまい、気がついたら誰もいない深夜の学校に取り残されていた…。主人公は学校から帰ろうとするが、そこは通い慣れた学校ではなく別の生徒が徘徊していた…。

という様な物語で始まるホラーゲーム。

画面全体はかなり暗く、その暗闇に赤く光る怪物が襲ってくるのが特徴的。

7番目の怪談

f:id:PointHeart:20200803084520j:plain
f:id:PointHeart:20200803084517j:plain

ジャンル:ノベルホラー

ダウンロード(無料)

あなたは学校の新聞部に所属している。毎年夏休みには部員がそれぞれ集めた「怪談記事」をサイトで発表、その人気を競う部の恒例行事に参加していた。あなたは自分の記事を作成をするため、怖い噂の絶えない旧校舎に赴く事にするのだが…。という設定。

画面に表示される文字を読み進めるノベルタイプのホラーゲーム。単純な読み物としてもボリュームのある物語が特徴。オチを含めた全体のゲーム構成も、無料にするにはもったいないレベルの完成度。

桜の学校

f:id:PointHeart:20200803084922j:plain
f:id:PointHeart:20200803084926j:plain

ジャンル:三人称ホラー

ダウンロード(無料)

授業の終わり周りの生徒が帰り支度をしている中、主人公は眠気に襲われ寝てしまう。気がつくと日も暮れていた。周囲の生徒はみんな帰ってしまい、学校は誰もいない無人の場所となっていた。そんな学校から主人公は出ようとするのだが…。

操作性は三人称で固定背景が特徴で、いわゆる初代バイオに近い操作性。

Faling Between

f:id:PointHeart:20200803085341j:plain
f:id:PointHeart:20200803085344j:plain

ジャンル:ウォーキングホラー

ダウンロード(無料)

日本の漫画家「伊藤潤二」にインスピレーションされた外国人により制作された海外のフリーホラーゲーム。

学校に登校した主人公は机に伏して寝てしまう。目が覚めると日は落ち周囲は闇に包まれていた。不気味な雰囲気を放つ学校から主人公は帰ろうとするのだが…。というあらすじ。

かなり短い短編ホラーで、早ければ数分で終わってしまうほど。そのため謎解き要素は全くなく、お化け屋敷感覚のウォーキングホラーが特徴。

 

The Haunted School

f:id:PointHeart:20200803090313j:plain
f:id:PointHeart:20200803090316j:plain

ジャンル:一人称3Dホラー

ダウンロード(無料)

イェンカート学校は、奇麗で雰囲気がとても良い学校だった。しかし、教師は1人の生徒「小山」の奇妙な行動に気がついていた…。

それから3ヶ月後、14人の生徒が行方不明になる事件が発生。警察は校長に目をつけ逮捕する。そしてイェンカート学校は廃校、閉鎖される事になる。

主人公である警察官は通報を受け、閉鎖されたはずの学校へと向かう。学校から響き渡る悲鳴、急いで学校に入る主人公だったが、そこにはこの世の者ではない存在は住み着いていた…。というストーリー。

常に化け物から追われる事になるサバイバル要素のない鬼ごっこ系ホラー。学校とは名打つものの、ステージに学校としての雰囲気はあまり感じない。

忘れられた学校

f:id:PointHeart:20200803091055j:plain
f:id:PointHeart:20200803091059j:plain

ジャンル:VHSウォーキングシミュレーターホラー

ダウンロード(無料)

女子高校生のアキヨは、午前中に学校を訪れるも教師はおろか生徒一人すらいない無人の場所となっていた。アキヨは自身の持つカメラと共に、校内を調べて行くのだが…。

かなりグラフィックの良い作品。他の作品にはない校庭部分も歩けるので、学校としての雰囲気をより楽しめる作品。

ウォーキングシミュレーターホラーのため、謎解き要素やサバイバル要素は一切ない。簡単に言うとお化け屋敷系ホラー。

RUINS IN ME

f:id:PointHeart:20200804052116j:plain
f:id:PointHeart:20200804052113j:plain

ジャンル:3人称視点の3Dホラー

ダウンロード(無料)

ある儀式を行うため、主人公は深夜の学校を訪れる。徘徊する悪霊から逃げつつ、校内に点在している「3つの鍵」と「自身の魂」を探し出せ!

日本の学校をテーマにした海外クリエイター制作のホラーゲーム。PS1〜PS2の中間ぐらいのグラフィックがまた良い味を出している。

海外クリエイターのわりには、日本学校の内部構造に精通している。ただグラフィックはPS1程度のため、高画質で遊びたい人には不向き。廊下の幅が異様に広いのはご愛嬌。

PROTEIN FOR MUSCLE

f:id:PointHeart:20200803094031j:plain
f:id:PointHeart:20200803094035j:plain

特徴:一人称3Dホラー

ダウンロード(有料)

2024年2月現在、Steamでの購入は停止中

夜の学校を徘徊するボディービルダーから逃げつつ、各所に置かれたプロテインを指定数集める事でゲームをクリアするホラーゲーム。

鬼ごっこタスクゲームといった印象。マッチョが追いかけてくる事からコメディ感が強いが、常に追いかけられるゲーム性からか少し怖い。

受験地獄

f:id:PointHeart:20200803094529j:plain
f:id:PointHeart:20200803094532j:plain

特徴:一人称3Dホラー

ダウンロード(有料)

Steamで310円有料ホラーゲーム

夜勤事件や事故物件で有名なホラーゲーム専門のクリエイター「チラズアート」。本作は、そんな彼らにインスパイアされた外国人クリエイターにより制作されたホラーゲーム。

試験勉強中の主人公は友人達との賭けに負けてしまった。賭けに負けた罰として深夜の学校に忍び込み、テストの答えを盗もうとする…のだったが…。

和風ホラーを手がけるチラズアート作品にインスパイアされただけに、かなり日本の特徴を捉えており、さらにゲームに登場する人物のデザインは、日本アニメの影響を受けたデザインになっている。

ただ、画面全体がかなり暗く見えずらい所と、作中に登場する幽霊が怖くなく逆にかわいい点が少し残念。

 

赤マント

f:id:PointHeart:20200803095002j:plain
f:id:PointHeart:20200803095006j:plain

ジャンル:一人称視点の3Dホラー

ダウンロード(有料)

有料のホラーゲーム、Steamで580円で販売中(2024年2月現在)

同級生の恋敵となった主人公は、同級生により旧校舎に閉じ込められてしまう。同級生が見張る正門からは出れないため、主人公は旧校舎内で別の出口を探すのだが…そこには「赤マント」を羽織る怪異が徘徊していたのだった…。

グラフィックはわざと粗く作られているため、レトロゲームの雰囲気が好きな人は嵌まる作品。

赤マントから逃げつつ学校の謎を解き脱出するザ・サバイバルホラーといったゲームだが、セーブができない仕様のため難易度はかなり高い。通常プレイで2〜3時間はかかるので、その間一切ゲームオーバーできない点がかなりつらい。

花子さん

ジャンル:一人称視点の3Dホラー

ダウンロード(有料)

有料ホラーゲーム、Steamで920円で販売中。(2024年2月現在)

クラスの悪者を呪うためにトイレの花子さんを呼び出しに来た3人の子供達だったが、各々がバラバラにはぐれてしまう。あなたは、そのうちの1人になって襲いかかる怪異達から逃げつつ学校を脱出するサバイバルホラー。

こちらも前述した赤マントと同じクリエイター「チラズアート」作品。ただしこちらの方は後発作品のためか、しっかりセーブできる仕様は一安心。

不在の学生

ジャンル:一人称視点の3Dホラー

ダウンロード(無料)

物語は失踪事件を追う主人公が、最後の失踪者が出た学校に行き事件の真相を探る…というもの。

日本の都市伝説「八尺様」をモチーフとしたサバイバルホラーゲーム。

謎解き要素は単純で、校内に点在しているメモやカセットテープを集めていく事。全てを集めると失踪事件の謎が解き明かされるのだが、海外クリエイター作品のため全編フル英語で字幕もなし。そのため英語に聞き取りができる人でないと物語の理解は難しいのが難点。

ゲーム性は単純なため、遊ぶ事自体は比較的容易な点が救い。

桜木春の幽霊調査

ジャンル:一人称視点の3Dホラー

ダウンロード(無料)

有料ホラーゲーム、Steamで350円で販売中。(2024年2月現在)

心霊大好きっ子「桜木春」は、インターネットで見つけた心霊スポットへ行く事にした。そこは数年前に廃校となった中学校で、たびたび不可解な現象が起こると噂されていた。その噂が本当なのか、春は調査のため廃校へ向かい…。という物語。

本作は前述した赤マントと同じセーブ不可な仕様。当然学校内を徘徊する者に捕まりゲージが0になればゲームオーバーで最初からやり直しの中々過酷なホラゲー。

通常のプレイ時間が1〜2時間程度が目安のため、なんとかやれなくもない良い塩梅のボリューム。

以上、学校を舞台とした短編ホラーゲーム14作品でした。

現在ではダウンロードが停止されている作品もあるが、YouTubeでは実況動画も配信されているため暇な方は見てるだけでも面白いかも。