『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・都市伝説などホラーなエンタメを中心に紹介している雑誌ブログサイト

【SCP】日本に存在する異空間への入り口「3選」

 

 

f:id:PointHeart:20220226154532j:plain

SCP財団、いわゆる世界中に存在する自然法則に反した現象・存在・物品を管理する報告書を管理する架空の組織の名称であり、いわゆる同人コミュニティサイトである。

主に海外を中心とした怪奇現象などを調査した報告書(創作)を楽しむサイトであるが、今回はそのSCP財団に報告された日本のSCP、さらには異空間系のオブジェクトに絞って3カ所ご紹介。

 

 

SCP-070-JP「わんわんランドと、犬ではないなにか」

f:id:PointHeart:20220226153236j:plain

オブジェクトクラス「Safe」※比較的収容が容易なオブジェクト

日本の◯◯県◯◯市に建てられた集合住宅の◯◯号室のメンテナンスハッチのこと。通常であれば、ここに入ると床下へと繋がり住宅のメンテナンスを行うための空間が広がっているのだが、SCP-070-JPに入った場合には廃墟空間のような場所へ転移してしまう。さらにSCP-070-JP内の空間においては、そこに存在する物品は一切の破壊を受けつけない特性を持っている。

SCP財団はDクラス職員を送り、過去2度に渡ってSCP-070-JPを調査したが、いずれも不可解な音声記録だけを残し職員は姿を消している。

探査ログ:070-JP-BB-1

対象:SCP-070-JP-1

探査者:D-32414

「よーし、中に入ったどこだろうな、ここは」

「見えるものを説明しろ、だったなえーと、まず俺が出てきたのは店みたいなところだ。カウンターの裏側の、小さな扉から出てきた」

「店の中には棚と、檻がいくつか並んでる。棚はだいたい割れてるし、檻も蓋が開いてるな」

「正面にはドアがあって、右手の方に窓がある。窓に近づく」

「窓の外は結構な田舎だな。店の隣には草ぼうぼうの庭と畑があって、道路が見える。片側一車線だ。あと看板かな?店の敷地にポールが建ってる」

「えーと、かなり錆と汚れが付いていて読みにくいがわんわんらんどって書いてあるな。全部平仮名だ。あとは、空が晴れてるぐらいしか見えない」

さらに調査を続けるDクラス職員だったが、この後、廃墟の2階に犬みたいな生き物を発見した報告が入る。詳細を確認しようとしたが…。

「分かった、もう一度見てみる…じっとしてる…」

「動いた!」

「ああ!早い!あいつ犬じゃねぇ!犬なんかじゃねぇ!」

「おい、開けてくれ!来る!早く開けてくれ!」

「あああ!いる!開けてくれ!後ろに…開けて!」

「ワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワン」

という音声を最後に消息不明となってしまっている。また、職員に持たせていた追跡装置の位置情報から、この場所は◯◯県◯◯市にあるペットショップ跡地に転移していた事がわかった。

 

SCP-1053-JP「ちぐはぐ」

f:id:PointHeart:20220226153610j:plain

オブジェクトクラス「Euclid」※安全に収容するには多くの資材が必要なオブジェクト

上部が取り外し可能な木製の箱。現在は厚さ20cm以上のコンリートで覆われ、入り口は鋼鉄製二重扉が設置された収容室で保管されている。収容前は、ある◯婦人科のゴミ箱として使用され、様々な物がこの箱に廃棄されていた。

箱の内部は異空間となっており、動画の撮影を試みるも機材の不調で失敗に終わっているが、静止画のみの画像は残っている。その画像によれば、箱の内部は病院施設の様相をしているが装飾品や機材の年代に一貫性はない(ちぐはぐ)異様な空間であった。

この事はSCP-1053-JP内部を調査した財団Dクラス職員により判明した事実であり、その職員が撮影した内部写真には、ある一室に大量に保管されているへその緒が映り込んでいた事がわかっている。

SCP財団管理下においての規則として、箱の内部から生還した者は収容室に備え付けられた機関銃によって、命を奪わなくてはならない決まりでもあり、調査した職員はもうこの世にはいない。

 

SCP-1777-JP「迷いの森」

f:id:PointHeart:20220226153239j:plain

オブジェクトクラス「Safe」※比較的収容が容易なオブジェクト

日本の北海道樺立峠の森林、さらにある特定地点からのみ入れる異空間。異空間へ侵入するための目印(ポータル)は存在しておらず、知らず知らずの内に侵入地点に入ってしまい、気がついたら異空間だった…なんて事も。

現在では、SCP職員によって現地は一般人の立ち入りを禁止しており、封鎖エリアに立ち入ってしまった者は公的捜査機関に身柄を引き渡される事となっている。

異空間内部は、くねった一本道の始まりに出る様になっており、周囲は霧で包まれ常に一定の明るさで照らされている植生林で、ある者を除き動物の類は一切存在していない。帰還する際には、一本道を戻れば出られるが、この異空間に存在する唯一の者?「SCP-1777-JP-A」に遭遇してしまうと、帰還の可能性がグッと減る。

そのSCP-1777-JP-Aは、全体がモザイク調にぼやけた存在であり、周囲の霧に反してその姿は明瞭に見えるとの事。

SCP財団の特殊部隊により二度、SCP-1777-JPの調査が行われているが、モザイク調のSCP-1777-JP-Aに遭遇した事により部隊は壊滅し帰還者は0、音声記録のみが残り以後の調査は中断されている。

SCP-1777-JP探査記録 #1
2018/10/15

[記録開始]

を-11-パープル: こちらパープル。全隊員目的地に到着しました。SCP-1777-JPへの侵入を試みます。

司令部: 了解。

調査部隊がSCP-1777-JPへと侵入。

を-11-パープル: マイクチェックだ。点呼、パープル。

を-11-アズール: アズール。

を-11-インジゴ: インジゴ。

を-11-パープル: 司令部、聞こえましたか?

司令部: 問題ない。一般人の捜索を開始してくれ。

を-11-パープル: 了解です。

を-11-インジゴ: 酷く霧が掛かってる。大体、視界は10mかそれより少し先くらいまでしか見えない、と言ったところでしょうか。

を-11-パープル: よし、前進するぞ。

しばらく一本道を進んでいった調査部隊だったが、SCP-1777-JP-A(例のモザイク)に遭遇、撤退作戦を余儀なくされるも…。

を-11-パープル: 司令部、聞こえますか!例のモザイクに道を塞がれました!全員一度道を戻り、防衛を図ります!

司令部: 了解した。身の安全を第一に考えてくれ。

を-11-インジゴ: これ、道逸れて逃げたほうが良くないですか!?

を-11-アズール: 下手に分かれない方が良いかもしれませんよ!

を-11-パープル: あれがもっと近づいてきたら分散する!

1分程撤退した後、でアズールが後ろを振り向き、叫び声をあげ2回発砲。

を-11-パープル: おいアズール!

を-11-アズール: やだ、やだ!おかしいですって!なんであんなに近づかれてるんですか!もう嫌!

アズールが更に3回発砲。

を-11-インジゴ: アズールやめろ!弾が無駄に──

を-11-アズール: 見てくださいって!あんなに!

その後、計7回の発砲音が鳴り、隊員達の叫び声が入る。それぞれの隊員のマイクからは、草むらを描き分けて走る音、激しい呼吸音、混乱による独り言が聞こえる。何かの衝突音が聞こえた後、インシゴ、アズールの順番に通信が途絶。

を-11-パープル: し、しれ- (荒い呼吸音)

司令部: パープル、何が起こった!

を-11-パープル: (震えた声で) おねが、助けてください……。ここはどこですか、モザイクが- (荒い呼吸音) -変な色のモザイクがやってくるんです。どれくらい近づかれているのかわからないけど、あれは確実に、ち、近づいて、もうすぐ、俺の目の前──

パープルが突如叫び声をあげ、2回の発砲。この時点でパープルとの通信が切断された。この状況においても、通信が切断されているにもかかわらず全隊員のGPS反応がSCP-1777-JPの位置を表示し続けているのは特筆すべきである。

[記録終了]

終わりに

以上が日本に存在する異空間への入り口でした。さらには、異空間への行くための場所ではなく方法がコチラ。

そしてSCPを題材としたホラーゲーム特集がコチラ。