ホラーもっとマガジン(旧わたブログ)

ホラー映画や書籍にホラーゲーム、怖い都市伝説などホラーなエンタメを最も中心に紹介している雑誌ブログサイト

【10選】サイレンヘッドが襲いかかるホラーゲーム集

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

 

海外のホラーアーティストがデザインした妖怪「サイレンヘッド」。2018年に登場し、その奇抜なデザインからTwitterで話題となり、それをモチーフとしたホラーゲームが制作されて行く事になる。

そんなサイレンヘッドをモチーフとしたフリーホラーゲーム10作品を一挙に紹介。

 

 

サイレンヘッドとは?

f:id:PointHeart:20200904185510j:plain

カナダのアーティストがデザインした現代の妖怪。長身細身で頭がスピーカーという外見が特徴的。その見た目通り、スピーカーヘッドから様々なサイレンや話し声を発して標的である人間を惑わし襲う。

さらには、街に設置してある街灯へも擬態する能力も持つため、昼夜を問わず活動する事も可能。という設定が付与されており、その特徴から様々なホラゲーが作られている。

SIREN HEAD

f:id:PointHeart:20200904004548j:plain
f:id:PointHeart:20200904004551j:plain
VHS風1人称ホラー

友人達とのキャンプ。遅れて合流した主人公は、誰も居ないキャンプ場と赤く染まったテントを目撃する。不穏な気配を感じた主人公は、近くにある森の監視塔へ助けを求めに行くのだが…。

という様な物語でゲームは始まる。監視塔に置かれた銃を持ち、迫り来るサイレンヘッドを撃退しつつ脱出を目指すフリーホラーゲーム。

SIREN HEAD Retribution

f:id:PointHeart:20200904004740j:plain
f:id:PointHeart:20200904004742j:plain
1人称脱出ホラー

整備士の主人公は、夜間に森林警備隊のガレージを訪れる。だが、先に来ていたはずの同僚の姿はそこに無かった。主人公は不審に思いつつも、いつもの仕事を開始するのだが…。

迫り来るサイレンヘッドから逃げつつ、森に点在する車のパーツを集め修理し脱出を目指すサバイバルホラー。

SIREN HEAD WOODS

f:id:PointHeart:20200904004909j:plain
f:id:PointHeart:20200904004912j:plain
モノクロ基調の1人称ホラー

元警察官のカーターは妹と電話をしていた。農場住まいの妹は、森から響く変な音を気にしていた。その後に通話は切れてしまい、そこから妹は電話に出る事はなかった。不穏な気配を感じたカーターは、妹が住む農場へ向かったのだが…。

行方不明になった妹を探し、迫るサイレンヘッドから逃げるホラーゲーム。モノクロ基調なプレイ画面が特徴的な作品。

SIREN HEAD THE HORROR EXPERIENCES

f:id:PointHeart:20200904005200j:plain
f:id:PointHeart:20200904005203j:plain
探索系1人称ホラー

森へキャンプに向かった子供が行方不明になったと連絡を受ける主人公。警察官である主人公はパトカーに乗り現場へ向かうも、その森は昔から不気味な音がする事で有名な場所だった。主人公は単身で森の中に入り、行方不明になった子供達を捜索するのだが…。

森の中で失踪した子供と子供が持っていたスマホを探していく事でクリアを目指す探索ホラーゲーム。

SIREN HEAD STRANDED

f:id:PointHeart:20200904005348j:plain
f:id:PointHeart:20200904005345j:plain
1人称ホラー

主人公は車が田舎のとある道でガス欠を起こしてしまい立ち往生してしまう。道路の真ん中に車を置き、近くにあるガソリンスタンドから燃料を入手しようと森の中を進む事にした…。

サイレンヘッドの特徴の一つである街灯に擬態する能力を上手く表現した作品。

ゲームの目的は、無人のガソリンスタンドから燃料を入手するため、不足している色々と道具を集めつつ燃料を入手し、サイレンヘッドの住まう森から脱出する事を目指すホラーゲーム。

道中に等間隔に置かれた街灯の中に、サイレンヘッドが潜んでおり…。

 

Siren Head Simulator

f:id:PointHeart:20200904162443j:plain
f:id:PointHeart:20200904162439j:plain
3人称アクションホラー

森に訪れた人間「フレディ・アンダーソン」をプレイヤーがサイレンヘッドを操作し襲うゲーム。今まではサイレンヘッドから逃げる事を主体としていたが、この作品は逆にサイレンヘッドを動かす事ができる。

まさに「俺自身がサイレンヘッドになる事だ」を実現した作品。

Siren Head Encounter

f:id:PointHeart:20200904184419j:plain
f:id:PointHeart:20200904184422j:plain
1人称パニックホラー

物語性は特になく、10人の人間がサイレンヘッドの襲来から逃げるホラーゲーム。他のサイレンヘッドのゲームとは違い、10人の人間が逃げ惑うのが特徴的。

ただし、自分以外のキャラはあくまでNPCのためオンラインの有人ゲームではない事に注意が必要。

森の中に置いてあるバスに乗り込む事でクリアを目指すパニックホラーゲーム。

Siren Head Remasterd

1人称脱出ホラー

友人勧められ黒い森で狩りをする事になった主人公は、そこで化け物に遭遇してしまう。という森からの脱出を目指すサバイバルホラー。

ハンティングに来た設定なため主人公は銃を装備、ただし弾の総数は8発しかない。サイレンヘッドに1発当てれば1回撃退できるため、銃弾を使い切る前に脱出しなくてはならないのが特徴。

Siren Head Field

1人称パズル系ホラー

最初に家の周りで紙飛行機を5つ拾い、サイレンヘッドが襲って来たら紙飛行機を投げて誘導、農場各所にあるパズル形式のギミックを解いていくというもの。

合計3つあるギミックを解き、ステージに出現する光の柱に接触すればゲームクリアとなるのだが…。

Siren Head South Point

1人称RPGホラー

フレディは友人のキャンプ旅行に1日遅れで参加する事に。しかし現場にいく途中で銃声が聞こえてくる。急いで友人がキャンプしている場所へ向かうも、キャンプ道具を残し友人の姿は何処にもいなかった。

プレイヤーはフレディとなりサイレンヘッドが徘徊する森の中を、友人達を探しつつ森からの生還を目指すホラーRPGが特徴。

この時のフレディの行動内容によって3種類のエンディングに変化するマルチエンド仕様。

以上、10作のサイレンヘッドをモチーフとしたフリーホラーゲームでした。

日本とは違うオリジナリティ溢れる化け物が特徴的で、そのふざけた見た目とは裏腹に以外と恐怖を感じる事ができる作品も意外に多い。