『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・不動産などエンタメを紹介している雑誌ブログ

短編ホラーゲーム【夜勤事件】のあらすじ紹介と感想

 

【3種類のエンディングの結末とは?】 

f:id:PointHeart:20200624002832j:plain

深夜のコンビニバイトで遭遇する心霊現象。高い時給に隠されたコンビニの裏の事情。あなたの取った行動により結末が変化するマルチエンディング。短編ホラーゲーム「夜勤事件」のあらすじや感想を紹介していこうと思う。

こちらは「Steam」で310円の価格で販売中。1時間程度でエンディングまで行くので、時間が無い人にも気軽に遊べるゲームの1つ。

Steamの販売ページはコチラ

ゲーム内での行動によって結末が代わるマルチエンディングになっている。

 

1人の女性が初出勤する所から物語は始まる

f:id:PointHeart:20200624003646j:plain
f:id:PointHeart:20200624003642j:plain

物語:高額時給に惹かれた女子大生が、深夜のコンビニでバイトをしつつ様々な怪奇現象に遭遇していく事になる。

コンビニの仕事である「品出し」「ゴミ捨て」「レジ打ち」「納品対応」などの仕事を行っていくのだが…

夜勤初日に遭遇する不可解な現象と荷物

f:id:PointHeart:20200624004817j:plain
f:id:PointHeart:20200624004813j:plain

誰もいないのに関わらず開閉を繰り返す自動ドア。自宅宛ではなく、働いているコンビ二に配達される主人公宛の荷物。

こうして夜勤1日目は終了、視界は暗転し自宅に戻るのだった。

そして、荷物の中身は1本の「ビデオテープ」が入っていた。主人公の自宅にあるビデオデッキで、テープを再生して見るのだが…

そして加速する怪奇現象の数々

f:id:PointHeart:20200624010349j:plain
f:id:PointHeart:20200624010345j:plain

次の出勤日。コンビニの仕事を黙々とこなして行く最中、店内に散乱する「お札」や、防犯カメラに映る「謎の女性」など、怪奇現象は次第にエスカレートしていく。

そんな中、拾った鍵の謎を解くためコンビニの裏に赴く事になるのだが…

そこで遭遇した衝撃の出来事、自分意外にビデオテープを受け取った人物の顛末…そして主人公は、また1本の「ビデオテープ」を手に入れてしまう。

ここまでぐらいは、直接的な心霊現象というより、雰囲気重視の演出が多かった。

荒れ果てたコンビニに待ち受ける存在

f:id:PointHeart:20200624012322j:plain
f:id:PointHeart:20200624012319j:plain

3日目の出勤日。防犯カメラのチェック作業を終え、カウンターから出た主人公の前には、荒れ果てたコンビニの光景が広がっていた。

まるで異世界にでも迷い込んだかの様な世界。元の場所に戻るため、世界が指し示す謎を解いて行く…

この段階から、もっと直接的な恐怖の演出にシフトする。

そして4本目のビデオテープ

f:id:PointHeart:20200624013623j:plain
f:id:PointHeart:20200624013626j:plain
f:id:PointHeart:20200624013620j:plain

物語終盤で手に入れた4本目の「ビデオテープ」。

果たして、このテープを「視る」「送る」「捨てる」この3つの行動から選ぶ事ができる。その行動により「あなた」のエンディングが分岐していく。

 

物語の結末に関わるネタバレがあります。未プレイの方は注意して下さい。

 

3種類のそれぞれのエンディング

・ビデオテープを「見る」

クリックで表示:【ネタバレあり】視た場合の結末

テープの映像には、自分がベットで横たわる姿を映し出していた。

映像が終わると、自分がベットに横たわっていた。身体が動かない中で、足下から女性の影が這い上がって来て……

 

・ビデオテープを「送る」

クリックで表示:【ネタバレあり】送る場合の結末

初めてテープが送られて来た送り主に「ビデオテープ」を送り返した。

数々の怪奇現象による極度の緊張感で寝れない主人公は、ネットで「あのコンビニ」について調べる事にする。

店員への悪口が目立つ書き込みの中で1つ気になる記述が存在した。

それは、あの土地にコンビニが建つ前にあった家の噂だった。

その惨めな事件とコンビニの気味の悪さに、主人公は夜勤のバイトを退職。

後日、コンビニは経営不振により潰れていた。

主人公は、果たして本当に経営不振だったのかは、分からないし調べようとも思わなかった…

 

・ビデオテープを「捨てる」

クリックで表示:【ネタバレあり】捨てる場合の結末

就寝中の主人公は目が覚めてしまう。

しかも身体は動かない。

動かない中で、足下から女性の影が這い上がって来て……

 

基本的に「見る」と「捨てる」の結末は同じ。単純に最後のビデオテープの内容を見るか見ないかの差でしかないため、実質的にエンディングの種類は2種類になっている。

 

終わりに

短編ホラー作品なだけあって、物語の背景については深いものは無い。だが、ホラーの雰囲気の演出は、メジャーなゲームメーカーに勝るとも劣らない恐怖を誇っている。

ジャパニーズホラーの神髄である田舎の独特な雰囲気、恐怖を煽るBGMは良かった。インディーズ作品ではあるが、背筋が湿る感覚を覚えた。

このゲームは、Chilla's Art(チラズアート)と呼ばれるゲームクリエイターが制作したインディーズゲームで、他には「事故物件」「おかえり」「赤マント」などの和風ホラーゲームを数多く手がけている。

他のChilla's Art(チラズアート)氏制作のホラーゲーム

呪われたアパートが舞台の和風ホラー「事故物件」の紹介記事

3人の失踪した中学生を追うホラーゲーム「行方不明」の紹介記事

憎悪にかられた怨霊を退治するホラーゲーム「怨霊」の紹介記事

都市伝説をモチーフとしたホラーゲーム「犬鳴トンネル」の紹介記事

学校のトイレに潜む妖怪をモチーフとしたホラー「赤マント」の紹介記事