『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・不動産などエンタメを紹介している雑誌ブログ

映画【アポロ13】レビューと鑑賞した評価

 

地球から遠く離れた32万キロでの事故

虚無の海に漂う鉄の船

人類史上類を見ない最高難易度の帰還ミッションが今始まる

アポロ13 (吹替版)

題名:アポロ13

公開:1995年

時間:140分

あらすじ:「アポロ13号」に搭乗予定の「ジム・ラヴェル」船長と他クルー2名は、人類史上3度目の月面着陸に向けて日々訓練を行っていた。アメリカで不吉とされる「13」の数字。「アポロ13号」「4月11日13時13分打ち上げ予定」「月の軌道に突入する予定が13日」重なる不吉な数字に不安を覚える人も多かったが、当のクルー達は気にしていなかった。打ち上げ2日前に、搭乗予定の1人「ケン・マッティングリー」は風疹への感染の疑いがあるとして、搭乗権を取り消されてしまう。気落ちする「ケン」とは対象的に、交代要員として選ばれた「ジャック・スワイガード」は喜んでいた。みんなが見守る中、1970年4月11日「アポロ13号」は、サターンVにて無事に地球の大気圏を突破、月を目指して航行する。クルー達はテレビ出演など、地球へ向けての仕事をこなしながら2日が経過する。とうとう月面着陸準備に入る「アポロ13号」。地上の司令塔「ヒューストン」からの指示により、液体酸素タンクの撹拌(かき混ぜる)作業のためスイッチを押す様に指示を受ける「ジャック」。しかしスイッチを押した瞬間、突如爆発が起こる。大量の警告ランプの点灯、揺れ動く船内、徐々に減る酸素。月面着陸ミッションは急遽中止に、しかし別の……アメリカ航空宇宙局史上の最高難易度のミッションの始まりだった……

 

鑑賞後評価

  物語:★★★★★

  緊迫:★★★★★

  演出:★★★★★

  印象:★★★★★

  総合:★★★★★(5)

紹介

f:id:PointHeart:20200523014716j:plain

実際にあった事故が基になった映画。演出上の誇張が多少はあるが、史実を忠実に再現する様に製作されている。映画『ダ・ヴィンチ・コード』ラングドン役の「トム・ハンクス」や映画『インビジブル』や『トレマーズ』でおなじみ「ケヴィン・ベーコン」が出演。彼らの若かりし時の姿が懐かしい。

21世紀の今では考えられない様なやり方での、地上で行う宇宙船操縦のシュミレーション方法なども細かく再現されている。閉鎖された機内での人間関係の難かしさと、せっぱつまった状況による緊張感が、俳優達の演技力と演出により画面越しでも、すごく伝わって来る。それは宇宙空間に行きたい気持ちが失せる程。

見所

f:id:PointHeart:20200523014719j:plain

25年前とは思えない程の高クオリティのCG。違和感や不自然さを感じさせない無重力シーンの演出に見所が満載。1970年代当時の実際に撮影された写真や映像を90年代当時の最新技術で再現された映像に、2020年現在でも圧倒される事間違いなし。

宇宙船生活での疑問の一つ、トイレ事情も少しだけだが垣間見える。「大」の方ではなく「小」の方だが。

難点

特になし。しいてあげれば…月の周回軌道に乗った際の、月の表面の映像がもう少し高画質で奇麗であれば、より感動が増すと思う。月なので仕方がないが、灰色一色の月表面は少し「こんなものか…」と思ってしまうかもしれない。

 

観賞後評価

極限の状況での「アポロ13号」内の人間関係や、地上の「ヒューストン」での、何が何でもクルーを生還させるという強い意志が役者の演技を通じて感じられる。そのすごみは見ている側にも活力が湧いて来る。地上に残された家族の葛藤や不安もよく演技されており、家族の落涙に、思わず私はもらい泣きしそうになる程だ。観賞後評価は★(5)不満点は特になし。一生に一度は見て、絶対後悔しない映画の一つ。