『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・不動産などエンタメを紹介している雑誌ブログ

下水道に住む化物 ホラーゲーム【TRAPT】あらすじ紹介

 

 

f:id:PointHeart:20200823103139j:plain

このゲームのダウンロードコチラ

人目につかない下水道、そこは人ではない違った生き物の住処となっていた。そこに迷い込んだ人を襲っては、その頭蓋骨をコレクションする生物。

そんな化け物が登場してくるフリーホラーゲーム「TRAPT」を紹介していく。

 

ゲーム「TRAPT」の特徴

カメラを覗いた風景POV方式風

地下で明かりも存在しない下水道がステージのため、暗視モードのビデオカメラを覗き込んだ視界が特徴的。

全体的に暗視カメラ特有の緑色の視界になっており、POV方式の映画「ブレアウィッチ」や「REC」の感覚に近い雰囲気を醸し出している。

明確に出てこない化け物

明かりの存在しない地下下水道。暗視モードを使用したカメラでも、3m先は暗黒に包まれている。そのため、化け物を視認し逃げる事が出来ない。気がついたら化け物に襲われてしまう突発的なホラー演出が特徴。

物語のあらすじ

下水道で発見された行方不明者のビデオカメラ

f:id:PointHeart:20200823111237j:plain
f:id:PointHeart:20200823111240j:plain

下水道で発見された1本のビデオカメラ。警察は行方不明になった人物が所持していた物だとし、そこに映る映像を検証する事になる。

という様な物語を背景とし、プレイヤーは行方不明になった人物が撮影した映像を追体験していく事になる。自身の選択によってエンディングが変化するマルチエンディングになっている。

徘徊する化け物

f:id:PointHeart:20200823111737j:plain
f:id:PointHeart:20200823111740j:plain

幾重にも張り巡らされた地下下水道、行方不明者はビデオカメラを片手に歩き回る。そこには徘徊する化け物の存在、化け物にやられたと思われる犠牲者が横たわっていた。

この化け物の襲撃がかなりビックリする。暗闇で見えない通路の先から猛ダッシュで出現するため、見えた瞬間にはどうする事もできない。この演出が心臓に悪い

 

⚠ネタバレを含んだ内容になっております。未プレイの方は注意して下さい

 

 

エンディング

グッドエンディング

途中で見かける鍵の掛かった檻の中で倒れている人物。その檻の鍵を入手し、鍵の掛かったエリアへ続く道を進むと迎える結末。

クリックで表示:【ネタバレあり】物語の結末

脱出半ばで力尽きた人達から鍵を入手、固く閉ざされた扉を先へ先へと進んで行く。すると地上へ続く梯子を見つけ駆け上がる。

目の前にはマンホールが現れ、地上に光が舞い込んで来る。

主人公は無事に地上へ脱出する事に成功したのだった。

グッドエンディング

鍵を見つける事なく、先へ進んでしまうと迎える結末。

クリックで表示:【ネタバレあり】物語の結末

ひたすら先へ先へと進む主人公だったが、いくら進んでも出口へ辿り着く事はなかった。何とか徘徊する化け物から逃げてはいたが、ついには捕まってしまう。

その末路は、道中で見かけた他の犠牲者と同じ結末だった…

 

 

終わりに

学校、廃墟、館など地上に存在する所をモチーフとした作品は多いが、地下に存在する下水道を扱った珍しいホラーゲームであった。

代わり映えしない下水道というステージではあるが、約30分程度のプレイ時間と何処に出現するか分からない化け物の存在により、飽きを来させないゲームバランスが程よくマッチし面白い作品だった。