『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・不動産などエンタメを紹介している雑誌ブログ

映画館で体験するあるある大事典10連発!

 

 

f:id:PointHeart:20210314014059j:plain

一度は行った事はあるだろう娯楽施設である「映画館」、親子で、恋人同士や友人で。架空の物語を観て楽しむ映画館であるが、誰しもが一度は映画館に行った時でしか体験できない特有の出来事を経験した事もあるだろう。

今回は、そんな映画館で誰しもが経験した事のある「あるある」な出来事をまとめてみた。

 

映画館で一度は経験がある「あるある」体験

映画を観ていると物語のいい所でトイレに行きたくなる

f:id:PointHeart:20210717132640p:plain

上映前にしっかりとトイレに行ったのにも関わらず、なぜか行きたくなってしまう。この事が嫌なトラウマとして、映画館では飲み物を極力飲まない人も多いのでは?

ポップコーンを買っても、上映前に完食してしまう

上映中の楽しみとしてポップコーンを買っても、本編前に始まる以外に長い予告編で食べきってしまった事はないだろうか?

そして本題である本編中には食べる物が無くなり、口寂しいなんて体験も。

ポップコーンのカスが歯の間に挟まり、映画に集中できない

普段食べる時は挟まらないのに、なぜか映画館だと挟まる確率が高い説。しかもなかなか取れず、気になって気になって、映画の内容が頭に入ってこない…なんて経験も。

最高に見やすい席に座ったと思ったら、上映開始直前に座高の高い人が前に座る

前に人がいない。作品に集中できそうだ!と思ってテンションが上がっていたら、上映直前に前に人が座り、ちょっとテンションが落ちてしまう。

最近の映画館ではないがと思うが、古い映画館だと視界の前に人の頭が…。

上映中、食べ物を口に入れた途端に静かなシーンが流れてゆっくり噛んでしまう

静かなシーンでの自分の咀嚼音が気になり、気づかれない様に飲み物で飲み込んだり、ゆっくり噛んだりした経験がある人も多いのでは?

座席に付いているドリンクホルダーだが、左右のどちらを使えばいいのか迷う

f:id:PointHeart:20210717194408p:plain

こういう悩みは映画館にも届いている様で、最近ではドリンクホルダーに座席番号がふってある場所も増えて来ている。

座席の肘掛けが隣りの人に取られてしまう

こういう時に限って左右両方が取られ、文字通りの肩身が狭い思いをしてしまう。

上映中にスマホを見る人がいる

真っ暗の中でスマホを見る明かりは相当目立つ。気にしたら負けだが、どうしても目に入ってしまう。

本編後の特別映像を期待してエンドロールを全て観てしまう

f:id:PointHeart:20210717194625p:plain

最近の映画ではエンドロール後の特別映像が流れる作品も多い。そのため物語のエンディング後の物語が気になり、ついついエンドロールを全て観てしまう。

そんな風潮はない時代は、エンドロールで席を立つ人も多かった。

映画ドロボーの警告映像が流れると、映画館に来た!って感じがしてくる

昔はウザかった映画ドロボーの警告映像だが、今では映画館に来た!という感覚を感じさせてくれる存在になりつつある。

 

終わりに

いかがだっただろうか?映画館に行って、一度は経験があった出来事があったのではないだろうか?家で観た方がリラックスできるし、トイレの問題なども気にせずに楽しめるが、映画館には映画館でしか体験できない楽しみも存在する。

今のご時世、外出を躊躇う人も多いだろうが、落ち着いたらたまには映画館で映画を観に行ってもいいのではないだろうか。

その他の「映画」にまつわる「あるある」シリーズ

ゾンビ映画あるある

ホラー映画あるある

邦画あるある