『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・不動産などエンタメを紹介している雑誌ブログ

九州の島津討伐【淡海乃海 水面が揺れる時】第十二巻のあらすじ・見所・特典小説・感想

 

【淡海乃海 第12巻 あらすじ・特典収録、ネタバレなしでご紹介】

足利義昭は幕府と島津の陰謀で亡くなってしまう。朽木基綱は、陰謀の首謀者「島津」を討つべく九州へ軍を向ける。

淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~十二【電子書籍限定書き下ろしSS付き】 (TOブックスラノベ)

題名:淡海乃海 三英傑に嫌われた男、朽木基綱の逆襲 第11巻

著者 : イスラーフィール  : 碧風羽

あらすじ:足利義昭が幕臣・島津の陰謀で亡くなった事で、朽木基綱の新たな幕府を開く事に支障が無くなる事となった。基綱は幕府のトップであり空位となった征夷大将軍に就任する事なく、朝廷の最高職「大政大臣」として足利の様な私欲のない天下のための政府を作る事とした。

だが、基綱には大政大臣就任の前に一つやる事がある。

足利義昭が亡くなった原因の一つ、幕臣と共謀し主人を謀った九州に存在する「島津」の討伐。しかし、九州征伐へ動く中、かつて天下に一番近かった「三好」家一族の内部で騒乱の兆しが見え始め、九州征伐に影が差し始める…。

 

ノベル「淡海乃海 第十二巻」の見所

大幅加筆されたweb版を補完した物語

基綱の息子で現朽木家当主の朽木堅綱の徳川との戦いのエピソードが追加されており、なおかつweb版での奥州攻略の際に見せた堅綱の基綱をも騙す策略、その成長のキッカケとなった伏線が本巻にて収録。

web版で基綱が言った「皆を騙したか。俺まで騙すとは暫く見ぬまに随分と逞しくなったものだ。頼もしい限りよ。可愛い子には旅をさせろと言うが本当だな」というセリフ、このセリフが出てくる堅綱成長の物語への伏線に、何度もweb版を読んでいる読者にとっては、思わずニヤける内容が見どころ。

新たな騒乱の始まり

九州征伐最中、かつて天下に覇を唱えた三好家に騒乱に兆しが表れる。三好長慶を支え繁栄を謳歌した重鎮達が相次ぎ亡くなっていく事で、今まで抑えられていた三好内部の不満が爆発する。天下統一を目指す基綱はこれを放置する事はできない。九州での表の目的を果たした基綱は、休む事なく四国の平定へと目を向ける。

特典 書き下ろし小説

特典短編【一】:島津に家を追われた一族「御家再興」

あらすじ

三位入道、島津に日向を追われた伊藤家は、九州攻略前の朽木基綱の元を訪ねる。目的は基綱の九州攻略を手伝い、没落した伊藤家を何とか再興する事。三位入道は、息子の妻を基綱に差し出す覚悟で話を進めようとするのだが…。

特典短編【二】:基綱と、かつて一緒に勉学に励んだ「幼馴染」

あらすじ

朽木基安、荒川平四郎、宮川重三郎、かつて基綱と共に勉学や戦場をかけた幼馴染達。六角家の御家騒動、戦場での振る舞いで基綱を苛立たせた者達も今では朽木になくてはならない人材として成長した。

幼い時から一緒、小領主時代からの基綱を一番知っている幼馴染だからこそ、九州攻略においての基綱の選択に対し忌憚のない意見を出し合える。

漫画版、書籍版初期において、戦場に関わらず鎧を脱いで朽木家重臣に殴られたり、六角のお家騒動時に出家・隠居に追い込まれた右衛門督義治の今後について、甘い事を考え基綱に現実を突きつけられビビっていた者達からみた基綱の姿を描いた物語が収録。

電子版特典:九州の大名へ用意された「罠」

九州攻略において、大友がごねた事で時間を無駄にした基綱。本来は豊後一国の領地が豊後・豊前の二国を与える事となってしまった。想定されていない恩賞、この割りを食ったのは毛利家であった。

基綱は毛利家家臣「安国寺恵瓊」を急遽呼び出し、毛利家に事情を説明した。それを聞いた恵瓊は毛利家へ戻り、重鎮達へと報告。その報告の際に恵瓊は「何とも甘美な罠」だと笑い出すのだった…。

web版では恵瓊の報告のみで終わっているが、書籍版ではその時に基綱と話し合ったエピソードを補完した物語が電子版特典として収録。

 

おまけ漫画

コミカライズ7話試し読み

漫画版第2巻収録の朽木基綱と上杉謙信の会談を描いたエピソード。さらに基綱の将来の嫁であり本作きってのヒロイン「小夜」登場回が収録。

コミカライズ特典小説「後悔」の漫画版

書籍版第12巻発売の5日前に発売された漫画版「淡海乃海 第7巻」に収録された特典短編「後悔」の一部が7ページに渡り漫画化。

このエピソードは六角のお家騒動「観音寺崩れ」で親兄弟を亡き者に当主として就任、後に家臣に見捨てられ出家・隠居という名の監視の目に置かれた「右衛門督義治」の隠居生活を元にした物語。

 

Twitterでの読者の感想

終わりに

書籍版・漫画版と、発売日が近かった事もあり両者がリンクする様な特典や、今作での見どころの一つとしても上げた基綱がweb版タイトル「不惑」で息子の堅綱に言った「皆を騙したか〜」のセリフの伏線と今後に対する伏線も用意されていて面白かった。

web版を読んでいて足りないと感じた、龍造寺・大友・堅綱サイドの物語がちょうどよく加筆されており、web版を読んでいるからこその楽しさもあり満足の一作。

戦国時代の第将軍足利との決着や、戦国時代といったらこの人「織田信長」などとの関係が終わり、これから読み応え的に惰性となるのか不安もあったが、大幅加筆が物語を楽しませるスパイスとして上手く機能していて、今後もダレる事なく安心して買い続けられそうだ。

※2021年12月23日時点。

漫画版「淡海乃海」第一巻の紹介記事

もし主人公が朽木の当主にならなかったら…そんなIFを描いた「異伝:淡海乃海 羽林、乱世を翔る」の紹介記事はコチラ