『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・不動産などエンタメを紹介している雑誌ブログ

恐怖のオンライン会議【西野ン会議】参加方法とあらすじ

 

 

f:id:PointHeart:20200714190347j:plain

話題の視聴者体感型コンテンツ「西野ン会議」。その参加方法やあらすじをちょびっと解説。ネタバレはないので、どういったコンテンツか疑問に思った人向けの紹介記事。

昨今の事情も含めて、これから増えて行くであろうオンライン会議。しかし、そこにも「闇の存在」は潜んでいる…気軽に参加する視聴者を待つ存在とは、いったい…

 

西野ン会議とは?

今注目を集めているネットを介したオンライン会議の事。ネット上で募集した8人の参加者によって、主催者「西野ン」による「ロシアンルーレット」「催眠ゲーム」の遊びが実施されるイベント。

あなたは、その8人の内の1人としてイベントに参加。ちゃちな遊びが繰り広げられる中で、だんだんと参加者達に異変が起こり始め……

参加方法

サイトにアクセス

アクセスURLはコチラ「Livemeat」(現在はサービス終了)

f:id:PointHeart:20200714172050j:plain

こちらの画面で、適当な名前を入れて「会議に参加する」をクリックする事で、簡単にオンライン会議「西野ン会議」に参加が可能。

参加方法の選択と待機

f:id:PointHeart:20200714174218j:plain
f:id:PointHeart:20200714174221j:plain

参加方法の選択といっても、実質1つしかない。これを選択すると、右の様な待機画面に行くのでそのまま待機する。

ビデオと音声をONとの記載は有るが、実際にはコチラの映像も音声もオンライン上に出る事はないので安心して参加できる。

あくまでも演出の一環。

出演者が揃うまで待機

f:id:PointHeart:20200714175715j:plain

8人の参加者が揃うまで待機、揃い次第イベントスタート。

西野ン会議はこんな内容(ネタバレなしのあらすじ)

第1のゲーム「ロシアンルーレット」

f:id:PointHeart:20200714182118j:plain
f:id:PointHeart:20200714182115j:plain

ゲームマスターの「西野ン」が登場。西野ンは友達がほしいのでこのイベントを開催したらしいのだが…

そして1つ目のゲーム「ロシアンルーレット」が開始。指名された1人の女性は、何故か自宅の住所を特定されて公開される。その様子から、西野ンの示した住所は合っている様に思われる。

そして西野ンは住所を当てた参加者に、今から遊びに行ってもいいか訪ねてくる。

しかし、それは冗談だったらしく2つ目のゲームの開始の声が響きわたる…

第2のゲーム「催眠ゲーム」 

f:id:PointHeart:20200714182121j:plain
f:id:PointHeart:20200714182124j:plain

怯える女性を余所に、次の「催眠ゲーム」が開始。

8人の参加者は奇妙な映像を見せられ、そのクオリティに戸惑いを隠せない。しかし「西野ン」がオンライン会議から退出した事を契機に、続々と参加者達に異変が起こり始めて行き…

参加者に襲いかかる異変 

f:id:PointHeart:20200714183005j:plain
f:id:PointHeart:20200714183008j:plain

歪む参加者の顔、荒れるチャット、突然笑い出す男、画面に倒れ込む女性、そんな異変が次々と襲い、最後には…あなた自身へその手がのび……

そして

この続きは自身で体感してほしい。

約15分程度で体験出来るので時間が無い人でも楽しめる。

どうしても怖くて無理、でも知りたいという方は、YouTubeなどの動画配信サイトで実況している人もいるので、見てみてもいいかもしれない。

 

PC版2パターンのYouTube実況動画

ぽんぽこチャンネル様の実況動画

YouTubeチャンネル:ぽんぽこちゃんねる - YouTube

 

鳥の爪団 実況チャンネル様の実況動画

YouTubeチャンネル:鳥の爪団 実況チャンネル - YouTube

全部で3パターン存在する異変

参加する毎にランダムで、参加者達に訪れる異変が変化する。

PC版で2パターン、スマホ版で1パターン。大まかな内容に大差は無いが、少し演出が変わってくる。自身のアクセスする機器で変化そのパターンは変わってくる。

 

終わりに

視聴者体感型ホラーコンテンツが、まるで本当に自分がオンライン会議に参加している雰囲気を味わえて面白かった。

時間も15分程度で終わるので、気軽に楽しめる点も良かった。演出パターンが複数あるため、是非とも全てを網羅したいという欲求を与えてくれるコンテンツであった。

「西野ン会議」気になる人は↓コチラ↓をチェックし自身で体験してみては?

(現在はサービス終了)

この体感型コンテンツを体験して、映画「アンフレンデット・ダークウェブ」の演出を思い起こさせる物があった。