『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・不動産などエンタメを紹介している雑誌ブログ

八尺様登場!ホラーゲーム【不在の学生】特徴・あらすじ・遊び方を紹介

 

 

f:id:PointHeart:20210620200512j:plain

ネットで流行った怪談都市伝説「八尺様」。日本国内のマイナーな都市伝説だが、日本通なのか、それを知った海外クリエイターがホラーゲームにしてしまった。そんなホラーゲーム「不在の学生」、今回はこのゲームのダウンロード方法(フリー)や物語の簡単なあらすじ、八尺様について紹介していく。

 

八尺様とは?

八尺様とは文字通り八尺(240cm)程ある大きな女性の怪異であり、2008年にネット上の書き込みにより、その存在が認知され広まった。一般的な八尺様のイメージとしては、身長2m以上の大柄な女性で、長いストレートの髪に白いワンピース、麦わら帽子を被った外見として有名で「ぽぽ、ぽぽっぽ、ぽ、ぽっ」という特徴的な笑い声を発している。

書き込みによる体験談では、ある学生が長期休みの際に父方の実家に帰省、暇な時間を持て余していると実家の生垣から大きな麦わら帽子を被った大きな女性を目撃してしまう。その事を祖父に伝えると状況は一変、何処かに電話した後、学生であった投稿者を新聞紙とお札で覆われた異様な一室に避難させるのだが…

という内容の体験談であった。その登場する怪異の特徴や、田舎ならではの古くから伝わる地域限定の怪談っぽさが人気をはくし、書き込みから10年以上経過した今でも、ネットで流行した都市伝説の一つとして語り継がれている。

物語の詳しい書き込みは以下のサイトで閲覧可能のため、興味が出た方は、どうぞ。

ダウンロード方法

海外クリエイター「Jeo」により無料公開中、下記リンク先よりダウンロードが可能。無料でもダウンロードできるし、ゲームが気に入りクリエイターを支援したい方は任意の金額を寄付する事もできる。

ゲームの特徴

全編英語音声

日本の都市伝説「八尺様」をモチーフに、海外のクリエイターが作ったインディーズフリーゲームになるため、ゲーム内言語は全て英語になっている。英語字幕すらないため、英語を聞き取れる方でないと物語の意味すら不明な点がネックとなる。

ゲーム中に出て来る行方不明となった子供が書いたであろうメモ等は英字のため、聞き取れなくても何となく意味はわかるが…。

攻略は単純明快

ゲームをクリアするためには学校内に存在する子供が描いたメモや、前任者が残した調査テープを回収していく事でクリアを目指していく。その道中、当然学校内では何もないわけがなく、大柄な女性「八尺様」が主人公であるプレイヤーを追いかけ回して来る事となる。

 

物語のあらすじ

f:id:PointHeart:20210704182025j:plain

相次ぐ失踪事件を追っていた警察のチーフはある人物を呼び寄せる。その人物は物語の主人公であり、前任の担当者である田村警部が病気で入院した事で仕事を引き継ぐ事となった。

主人公である吉郎は、最後の失踪者が出た場所である学校へ向かい事件の事を調べて行くのだが…。

学校での調査

f:id:PointHeart:20210704182032j:plain

主人公である吉郎は現場となった学校を訪れる。事件解決のため、校内を探索していくのだが、そこで入手した証拠となる子供が描いたであろう絵には、ある一人の人物について描かれていた…。

「ぽ?240cm位の大きな女性?名前は何だっけ?不気味だな…。」

さらに校内には、以前行方不明事件を記録した音声テープも残されていた。その内容は、行方不明になった子供達に共通しているのは「その人物」に会った事があるであろうと推理した内容を記録した物。そして他のテープでは、登場している人物も会ってしまったのだろう、この世でない場所に連れて行かれる…そう叫び、怯える男性の声が録音されていて…。

f:id:PointHeart:20210704182029j:plain

その録音テープを聞く主人公にも「その人物」は静かに迫って来ていた…。

名前

主人公は探索の過程で「その人物の名前」を言う事が、この閉ざされた校内から脱出するキーである事を知るり、迫り来る「その人物」に名前を伝える。彼女は頭を抱えて苦しみ出し、そして…。

 

終わりに

海外クリエイターが制作したゲームであるので仕方がないが、学校内の雰囲気や設置物等は日本の学校を知る身としては正直微妙な物ではあった。しかし、作中で手に入れる子供の絵や事件についての音声テープで、物語の背景を補完していったであろうゲーム性は面白いと思う。

プレイ時間も1時間程度でクリアできるため、八尺様をモチーフとしたホラーゲームに興味がある人は無料でもあるし遊んでみてもいいかもしれない。