『わたブログ』 PointHeart’s magazines

映画・書籍・ゲーム・都市伝説などホラーなエンタメを中心に紹介している雑誌ブログサイト

海外の都市伝説を再現…【The Smiling Man】ダウンロード方法やあらすじ紹介

 

ダウンロード方法・マルチエンドへの到達方法

海外の都市伝説「SmilingMan-笑う男-」の物語を忠実に再現したホラーゲーム「

The Smiling Man」。

無料で楽しめ10分程でエンディングへ、そして意外にもマルチエンディングが搭載された本作品のダウンロード方法やマルチエンディングの条件などをご紹介。

 

 

ダウンロード方法

欧州最大のソフトウェアのダウンロードサイト「softonic」にて無料ダウンロードが可能。Windows専用ソフトのため、Macでのプレイは不可となっている。

コンセプトとなった都市伝説

本作は海外のある都市伝説がもとになっており、その話を忠実に再現したホラーゲームとして制作されている。

その都市伝説とは

ある不規則な生活を送っていた男がいた。

主に昼間に睡眠をとっている彼は、主に夜の間に外に出る事が多かった。そんな不規則な生活を送っていた彼は、ある日の体験を境に規則正しい生活を送る事となる。

規則正しい生活を送るきっかけとなったある日の夜、彼はいつも通り夜中に外へと出かけた。いつもの夜の風景、微塵も怖さを感じない彼は人のいない街を散歩がてら歩いていた。

しかし、その日はいつもは見かけない「ある男」を見かける。その男は笑いながら身体をフラフラと揺らしているのだ。

不安に思った彼だったが、何事もなく笑顔の男とすれ違う。

ホッと一安心した彼だったが、後ろから激しい足音が聞こえた瞬間、心臓がバクバクと鼓動を上げた。恐怖に支配された彼は一目散に家へと走って帰ったのだった。

その日を境に、彼は決して夜に出歩かない様に不規則だった生活を改める事にしたのだった…。

 

ゲームの特徴

そんな海外の都市伝説をモチーフにしており、その内容を忠実に再現した作品となっているのだが、オリジナル要素も少し含んでおり、エンディングはプレイヤーが取った行動で分岐していくマルチエンディングとなっている。

画質のクオリティは20年前のゲーム機「初代プレイステーション」を彷彿とさせるスタイルを取っているが、その荒さもまた「スマイルマン-笑う男-」の恐怖を掻き立てる。

物語自体は短く、一つのエンディングに到達するまで10分とかからないのも特徴的。

物語のあらすじ

不規則な生活の男

不規則な生活を何年も送っている男は、夜中にコンビニにご飯を買いに行く事が日課となっていた。

今日もいつも通り、家から歩いて数分の場所にあるコンビニにご飯を買いに行ったのだが、この日はいつもは見かけない不審な男と遭遇する事となった…。

笑う男

昨日に出会った「笑う男」。

前日に佇んでいた場所にはいなかった。

コンビニまであと少し…そんな時、後ろから激しい足音が聞こえてきた。

振り返るとそこには…。

満面の笑みを浮かべながら自分に向かって走ってくる男の姿があったのだった…。

マルチエンディング

バットエンド

自分に向かって笑いながら走ってくる男。そのままコンビニの中へ避難し一定時間経過すると迎えるエンディング。

クリックで表示:【ネタバレあり】物語の結末

コンビニ店員に助けを求めるため逃げ込んだのだが、彼が眼にしたものは店員が赤く染まり倒れている姿だった。

自分がここに逃げ込む事を予想し、予め店員を…。

呆然とする自分の背後には、中に入ってきた「笑う男」の姿が。

笑う男が迫ってきた瞬間、視界は暗転しそのまま…。

トゥルーエンド

笑う男から逃げコンビニへ、レジカウンターにある「車の鍵」を入手しそのまま自分の家に帰ると迎えるエンディング。

※ゲームシステム上、コンビニにある車の鍵を入手する事で外に出ても笑う男に遭遇しない仕様になっていると思われる。

クリックで表示:【ネタバレあり】物語の結末

コンビニから家へと戻った自分は、しっかりと戸締りをし部屋に籠った。

そんな自分の姿を見たのだろうか?

笑う男は自分の家の前で佇み笑っているのだった…。

グッドエンディング

コンビニに置いてある「車の鍵」を入手し外へ。建物の隣に置いてある車に乗り込む事で迎えるエンディング。

クリックで表示:【ネタバレあり】物語の結末

コンビニに置いてあった鍵を使い、車を走らす。

そのまま車で町の外へ。

何とか生き残る事に成功できたのだろう。

終わりに

プレイ時間が短く、息抜きにちょうど良いボリューム!

怖い都市伝説をモチーフにしたホラーゲームは多いが、だいたいの作品はあくまでモチーフとして使用されるに留まっている。

しかし、この作品は8割方都市伝説に忠実に作られているので、怖い都市伝説を擬似体験できるゲームとしても面白い作品だった。